<   2010年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 31日
空席
EOS 5D MarkⅡ
e0140159_19445463.jpg

一人旅だから私の隣に誰も居ないのは当り前。

だけどこんなにもベンチがあるのに、他に殆ど誰も座っていないとなると
ある意味気持ちが良いものだ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
↑ポチっと応援お願いします
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-31 19:48 | Can EF16-35㎜ F2.8LⅡ | Comments(0)
2010年 10月 30日
空を見る
EOS 7D
e0140159_2232698.jpg

青・緑・黄・赤・・、

この季節でしか見ることのできない色がそこにあった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
↑ポチっと応援お願いします
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-30 22:07 | Can EF24-105 F4L IS | Comments(0)
2010年 10月 28日
Stairs
EOS 5D MarkⅡ
e0140159_22101748.jpg

朝一番の飛行機に乗って羽田空港に着いた私はリムジンバスでみなとみらいへ向かった。

リムジンバスはホテル前にも停車するのだが、
ホテルのチェックイン開始時刻は14時だったので、それまではどこかで時間を潰さなければならない。

バスに揺られながらチェックインまでの行動を考えた結果、
とりあえず山下公園、港の見える丘公園を周りながらホテルへ向かうことにした。

大きな荷物は既に宅急便で送ってあるので、持っているのは小さなカメラバッグだけ。

そのおかげで行動には不自由しなかった。

しかしバスのアナウンスに従い、山下公園に一番近いバス停で降りたものの、
初めての場所で、一体どこへ向かって歩けば良いのかすらさっぱり分からない。

日本国内とはいえ、やはり道に迷うと少し不安になる。

とにかく高い場所へ上がれば何か分かるかもしれないと思い、
目の前に見えた歩道橋を藁にすがるような気持ちで登った。

この歩道橋に上がっても自分の居場所が分からなければ、
すれ違う人に道を尋ねようと思っていたのだが、
運よくそこには山下公園と港の見える丘公園の方角を示す看板があった。

よし、自分の居場所が分かった。

これでやっと旅の始まりである。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
↑ポチっと応援お願いします
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-28 22:40 | Can EF16-35㎜ F2.8LⅡ | Comments(0)
2010年 10月 26日
黄金と深紅の狭間
EOS 7D
e0140159_217524.jpg


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
↑ポチっと応援お願いします
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-26 21:10 | Can EF70-200 F2.8LIS | Comments(0)
2010年 10月 24日
眺望
EOS 5D MarkⅡ
e0140159_13464367.jpg

旅行を楽しむ大きな要素の中に宿泊施設がある。

私はホテルには妥協しない主義だ。

寧ろホテルで旅行の全てが決まると言っても過言ではないと思っているくらいである。

今回の旅行で特に重視したのはアクセスと景観だ。

“アクセス”の良いホテルは他にも沢山あるが、
この条件に“景観”を加えるとなると候補は一気に絞り込むことができる。

その中でも唯一ホテルから撮影を楽しむことが出来るのはここしかない思った。

このホテルには他のホテルには無い設備があったからだ。

それは“バルコニー”。

ハワイやグアム、あるいは沖縄のようなリゾート地では当り前のように付いているバルコニーだが
日本本土内では安全上の理由からバルコニーがあるホテルは少なく、
また、例えバルコニーがあったとしてもそれは形だけで実際には非常時以外バルコニーへ出ることができなかったりする。

でもこのホテルは違った。

バルコニーが宿泊居住空間の一つになっていたのだ。

さすがに外気温が10度前後ならこんな場所へ出る気にすらならないだろうが
この日は9月上旬、しかも記録的な残暑でバルコニーの存在意義は大きなものとなった。

しかしバルコニー付の部屋を選んだのはそんなことが理由ではない。

夜景を眺めるに際し、遮られるものが無いからだ。

普通の部屋だと窓ガラスが邪魔をし、部屋の明かりを消さなければ外の景色はまともに見れない。

ましてや夜景を撮影するとなるとこの窓ガラスはより一層邪魔な存在になる。

みなとみらい、横浜ベイブリッジ・・これらの夜景を撮影するというのが今回の旅行の目的。

例えバルコニーから撮影することが出来なかったとしても
宿泊しないで後悔するより全然マシだと思った。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
↑ポチっと応援お願いします
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-24 14:06 | Can EF16-35㎜ F2.8LⅡ | Comments(0)
2010年 10月 23日
染まる
EOS 7D
e0140159_1718266.jpg

今日こそは晴天を期待していた。

今朝の予報では曇りマークすら無い晴れの予報だったから当然だ。

確かに昼頃までは晴れていた。

ところが時計の針が15時を回る頃には殆ど太陽は遮られ、
16時頃には空は完全に雲で覆われていた。

まんまと裏切られた気分だ。

燃えるような空を撮りたかったのだが、太陽が見えなければ撮れるはずがない。

これで今日の楽しみが一つ減った。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
↑ポチっと応援お願いします
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-23 17:30 | Can EF70-200 F2.8LIS | Comments(0)
2010年 10月 21日
並木道
DMC-LX3
e0140159_2120870.jpg

誰にでも一つや二つ、好きな道があるのではないだろうか。

私の場合、この道がその一つ。

別に理由はないのだがこの道の雰囲気が好きだ。

特に秋から冬にかけ、落葉の季節になるとまるで外国の様な雰囲気を醸し出す。

人通りの少ない並木道。

ここを自転車で通り抜けるときは何故か自然にゆっくりとペダルを漕いでしまう・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-21 21:28 | Lumix DMC-LX3(売却) | Comments(0)
2010年 10月 19日
港の見える丘公園②
EOS 5D MarkⅡ
e0140159_21455192.jpg

ここへは学生時代に修学旅行で夜に一度来たことがあった。

当時の事はよく覚えていないが
周りにはカップルしか居なかった記憶だけは鮮明に残っている。

当時は仲の良い友達同士10人くらいで行ったのだが
「ここは夜に一人では絶対に来たくないな。」
とその時から思っていた。

だから今回の一人旅では真昼間に行った。

それでもチラホラとカップルの姿は見えるが、週末の夜よりはマシだ。

平日だったせいもあって人はかなり少ない。

人が少なければ少ないほど写真を撮るには気が楽だ。

なぜなら他の撮影者の視界に入ることを気にしなくていいから。

私は周りの事も気にせず写真を撮ることに専念していた。

すると1組のカップルが近寄って来てデジカメを差し出しながら
「あの・・すみません、写真を撮ってもらえませんか?」
と話しかけてきた。

一眼レフを持って一人旅しているとこんなお願いをされることはよくある話。

言葉のなまりから察するに関西方面から遊びに来たのであろうということはすぐに分かった。

とりあえず立ち位置を指定してベイブリッジを背景に写真を撮ってあげた。

「ありがとうございます。」
とお礼を言われた直後、今度は私が二人にお願いをした。

二人の後ろ姿を撮らせてほしい・・と。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 ←これポチッと押すためにあること知ってます?
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-19 22:14 | Can EF16-35㎜ F2.8LⅡ | Comments(0)
2010年 10月 17日
色付く頃
EOS 7D
e0140159_16414278.jpg

EOS 7D+EF24-105㎜ F4L IS。

なぜ今まで一度もこの組み合わせで撮ることが無かったのだろうか。

この組み合わせを避けていた訳ではない。

寧ろ避ける理由など無い筈。

とりあえずマクロレンズを持っていない私にしてみれば、
保有するレンズの中から代用するには、この組み合わせが現在最も効率が良い事に違いない。

どんな画が撮れるのか全く未知数であったが、
滅多にマクロ撮影をしない私は期待で大きく胸を膨らませていた。

自転車に乗って向かった先は15分ほど走ったところにある公園。

撮りたかったのは色付き始めの紅葉。

しかし意図する被写体を見付けて喜んでいたのも束の間、
最短接写距離0.45mの遠さを改めて実感することになった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-17 18:37 | Can EF24-105 F4L IS | Comments(0)
2010年 10月 17日
一日の終りに
EOS 5D MarkⅡ
e0140159_937819.jpg

自転車で出掛けた昨日、大した写真も撮れないまま家路に着いた。

いや、撮れなかったのではなく、気付かなかっただけなのかもしれない。

被写体は山ほどあるのに、どう撮ればいいのか分からず諦めている自分が居た。

そんな自分の才能にとてつもない未熟さを感じる。

一旦家に帰った後、今度は車に乗って海へ向かう。

自転車で出掛けても良かったのだが、カメラ2台にレンズを2本用意したのでカメラバッグはそれなりに重く、
籠の無い自転車では危険と判断したのだ。

そして海に向かっている途中、空に幸運のレインボークラウドを見付けた。

幸運!?

これが自転車で出掛けていたのなら幸運だったであろう。

その場に自転車を止めてカメラを向ければいいのだから。

でも今は幹線道路を運転中だ。

車を止めることすらできない。

しかもこんな時に限って信号は全て青。

ツイてない。

レインボークラウドを目の前にしながらシャッターチャンスが訪れないことに少し苛立っていた。

そんな時間を過ごす中、レインボークラウドはその姿を本来の雲の色に変えていく。

私が車を止めるころには何も無かったかのように空はいつもの夕焼けに姿を変えようとしていた。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
[PR]

by E_Miracosta | 2010-10-17 09:47 | Can EF16-35㎜ F2.8LⅡ | Comments(0)